ダイビングファン HOME

モルディブダイビング情報・モルディブ旅行記  2006.3.13〜3.20



インド洋に浮かぶ真珠の首飾りと呼ばれるモルディブ。
新婚旅行のカップルが多い島でもありますが、世界中のダイバーが訪れる島でもあります。

モルディブ格安ダイビングツアー


正式国名 モルディブ共和国(Republic of Maldives)
人口314,428人(2004年)
島の総数1,190
(人の住む島:198 無人島:992)
総面積85,900平方キロメートル
陸地面積298平方キロメートル
首都 マーレ(Male)
言語ディべヒ語
宗教 イスラム教
通貨モルディブルフィア(Mrf)
2005年1月現在 US$=Mrf12.75
リゾートやマーレではUS$使用可能
時差 日本より4時間遅い
気候 乾季 12〜4月(北東からのモンスーン)
雨季 5〜11月(南西からのモンスーン)
産業 観光業、漁業、海運
電源 200V〜240V 50kh


morujibu写真

モルジブへのアクセス

関西空港からシンガポール航空を利用しました。
シンガポール乗継便です。
関空からシンガポールまで7時間。3時間40分のトランジットタイムを経て、シンガポールからマーレまで4時間半。マーレからは船で約20分。リゾートは空港から近く、ハウスリーフが評判のヴァドーアイランドリゾートです。

シンガポール航空は噂どおり快適で、各席に備え付けられた画面で映画やゲームを楽しむことが出来るので退屈しません。私はハリーポッターを見ていました。
シンガポールでの乗り継ぎは同じターミナルなので迷うことはありません。でも、帰りのトランジットではターミナルの端から端まで歩かされることになり(歩く歩道はついているのですが、それでも遠かった!)大変でした。

ターミナル中央には免税店やおみやげ物屋さんが豊富にあります。マーレの免税店は品数が限られているので、化粧品等はここで購入しておくと良いかも。
ここではUS$で買い物できますが、おつりはシンガポール$でしか帰ってきません。カードを使うか、お釣りのいらないよう、小銭を用意しておくことをお勧めします。

マーレ到着は現地時間で22時。帰りも深夜発便なので、飛行機からの美しい海の景色が見れないのが残念!

ヴァドーアイランドリゾート


ヴァドーアイランドリゾートのホームページ

Vadoo Island Resort は、フルレ国際空港より南西、南マーレアトーの北端に位置しています。 空港を出てすぐ、首都の島マーレを左手に見ながらドーニーと呼ばれるモルディヴ独特の形をした船で40分ほど、スピードボートでは、約15分。船の移動時間が短いのがとても楽でした。
島の北側は数多くのダイビングスポットで知られるヴァドゥ海峡に面しています。

島は歩いて1周5分ほどと書いてありましたが、5分じゃちょっと回れないよね〜ゆっくり歩いて10分くらい?という感じです。
夕方は外人さんたちは何周もお散歩(?)してました。
島に着くと、日本人のスタッフが島の説明を簡単にしてくれ、荷物を運んでくれます。
私たちはリーズナブルなサンライズヴィラに泊まったのですが、広さも申し分なく、バスタブもついて設備も十分でした。
コンセントはマルチタイプが用意されていますが、1箇所なので2人ともカメラ等を持っていて、充電する際には 日本からマルチコンセントを用意していったほうが便利です。
クローゼットや衣類をしまう引き出しもあるし、冷蔵庫もあります。ただし、何も入っていません。
売店にもビール等はおいていないので、ハットバーから持ってきてもらいます。
ビールは350缶がUS$3.50、ミネラルウォーターは1リットルボトルでUS$3.80です。
日本の主婦の感覚では少々高めですが、仕方ないね〜。モルジブデは水は貴重なのです。
この島でも海水ろ過装置で水をつくっており、沸かせば飲めるそうですが、少ししょっぱいようです。
食事は主に朝昼晩ビュッフェスタイルです。一日だけディナーにコース料理がでました。おいしかったです♪
温野菜など、いつも野菜が豊富なのが嬉しかったです。和食が少しあるともっと嬉しかったのですが、、
今まで日本人が多い島だったのですが、津波の影響で日本からのゲストが減ってしまったので、欧米にも ターゲットを拡げたとかで。

レストランの上にはゲームコーナーやバーがあり、テレビもあるのでデジカメで撮った写真の上映会 が出来ます。屋上からは昼間は真っ青な海、夜は満天の星空がすばらしかったです。

モルディブダイビング情報


ヴァドーハウスリーフ

到着は深夜なので、翌日の朝、朝食の後にダイビングセンターへ行って、チェックダイブの申し込みを します。この時、Cカードとログブックは忘れずに!
とても優しくてナイスな岩佐様ご夫妻がガイドしてくださいました。
モルジブでは必ずチェックダイブがあるのですが、特にスキルのチェックは無く、ウエイトを あわせた後、ハウスリーフを案内してくれます。
このウエイトチェックで、、、。
半年前と同じウエットスーツ、ウエイトの量、タンクの重さのはずなのに沈まない、、、 え、それってもしかして、体重増??体脂肪増???しばらく体重計に乗っていなかったのですが。
それでもこれでいけるはずと、そのままのウエイト量で潜り始めたところ、やっぱり浮き気味で アップカレントにもつかまって、ダイコンはピーピコ鳴るしで、結局それからは500gm増やして潜りました。 とほほ、、、ダイエットしなくちゃ〜

ハウスリーフは時として非常に強い流れの場合があります。
私たちがチェックダイブで潜ったときは流れの速さ1〜5の3くらいだったようですが、ロープを「ファイトーイッパーツ!」などとつぶやきながら手繰り寄せないと潜れない強さでした。
その間にもカスミアジやインド洋固有種のブラックピラミッドバタフライやパウダーサージオンフィッシュ、クマザサハナムロなどが行きかいます。コラーレバタフライフィッシュやエバンスの群れ、キンギョハナダイの群れ、水底近辺ではモルディブアネモネフィッシュ、オーロラゴビー、ドラキュラパートナーゴビー、ブラックシュリンプゴビー、 ダンダラダテハゼ、クビアカハゼ、オーロラゴビーなど、ハゼ好きにはたまりません。
また、ウミウシ大好きなクリスがウミテング、タツノイトコ等も見せてくれました。
後半はアップカレント気味で水深を保つのに一苦労。
ギンガメアジの群れは昔はハウスリーフの入り口でトルネードしていたそうですが、今は軟弱になって浅瀬のボートの下で渦巻いてました。

バディだけで潜るときは時間帯によって流れの向き、速さが違うのでサービスのホワイトボードを見て コースを決めます。地形的には単純なので、流れさえ気をつければ迷うことは無いかと。(ちょっとドキドキでしたけど)
私たちはハゼ探しが楽しくて、ボートダイブ2本のほか、ハウスリーフで2本潜った日もあったほどです。
最終日は潜れないのでシュノーケルで遊んだのですが、潜らなくてもクマザサハナムロの群れ等、下から湧き上がってくるように見れて、とても楽しかったです!ヴァドーの海ってすごいな〜と、感動!
ジョーフィッシュもシュノーケルで見れます。

ボートダイビング

ボートダイブでは、マダラトビエイや小さいマンタが見れました。 また、どこへいってもエバンスアンティアスの群れがきらきらしてとてもきれい!

印象深かったのはKUDA THILAというポイントで圧倒されんばかりのクマザサハナムロやウメイロモドキの群れが次から 次へ湧いてくるようでした。イソマグロが何回も行き来し、かなり近くで見ることが出来ます。
ヴァドーでオープンウォーターライセンス講習をしていたカップルも、ここで始めてのボートダイビングで イソマグロに遭遇。なんて贅沢な初ファンダイブでしょう。

また、沈潜大好きのドイツチームのリクエストでいったマ−レと空港の島の間にあるビクトリア号にも行きました。
ここも流れが速く、エントリーして即ロープをつかまないと流されてしまいます。
巨大なバラクーダや、小魚をねらってアタックするロウニンアジなど、迫力満点! ドイツチームが水中で妙にはしゃいでいるように見えて楽しかったです。

その他、モルジブヴァドーダイビング情報はこちら

300本超にしてやっとアドバンスダイバーに! ;(^.^);

実は私も旦那サマもダイビングのライセンスはOPEN WATER DIVER でした。一番下のランクですね。
特定のダイビングショップ等を何回か利用したりすると「オープンウォーターの次はアドバンスにランクアップしてみない?」などと進められたりするのですが、これにはもちろん講習費が必要で、普通に潜る分にはオープンウォーターで十分、と、18年もつらぬき通したのに、、、

オープンウォーターダイバーは水深18m以深に潜ってはいけないという規則がありますが、 これまで日本ではライセンスのランクによる規制は特に厳しくはありませんでした。( 私だって今回のことで始めて深度制限があるって知りました。そんなの習ったかな〜、、、)

しかし、最近、モルジブやオーストラリア等、ランクによってのグループ分けや、深度制限をする スポットが増えてきているようです。私も以前、シパダンにいったとき、アドバンス以上か、そこで ナイトスペシャリティ講習を受けないと、ナイトダイビングは出来ないといわれたことがあります。
それまで何度もナイトダイビングを経験し、本数もかなりいっていたのに、規則だからとライセンスのランクで 大雑把に規制するやり方には、なんかおかしいな〜と、憤慨したものです。
ヴァドーでも、やはりオープンウォーターは18mまでと制限しており、現地ガイドの岩佐さんの 勧めもあって、今回、アドバンス講習を受けてきました。
アドバンスさえ持っていれば、今後世界のスポットで増えていくであろうランク制限に引っかかることは 無さそうなので、、、またいやな思いをするのもいやだし、、、 (あ〜業界に負けてしまった〜)
でも、アドバンス講習はオープンウォーター講習と違って学科試験はないし、ファンダイブ感覚で楽しみながら 取ることが出来ました。勧めてくださった岩佐様ご夫妻に、感謝、感謝です。
8日間の日程のなかの5日間のダイビングでしたが本当にあっという間!
やっぱり魚影の濃さが違うな〜という印象でした。

島も独特の雰囲気で、やっぱりモルジブ最高!別格ですよね〜
出発の時は夜にも関わらす、岩佐様ご夫妻を始め、スタッフの皆様が見送りしてくださるのですが、 帰りたくないよ〜と、涙が出そうでした。
浅瀬にはいわしの群れが住み着いていました。
モルジブ
サギ君の狩の邪魔をする旦那サマです。
モルジブ写真
ビーチヴィラ外観
モルジブ写真
私たちが泊まったサンライズヴィラ内部
リーズナブルでも、広さ、設備は十分でした。
モルジブ写真
レストラン外観。2005年にリニューアル
モルジブ写真
レストランの屋上です。ここから見る海の色はすばらしい!夜は満天の星空が見れます。
モルジブ写真
バーからの夕景です。時にイルカがかえって行くのが見れます。

岩佐様から素敵なハゼの写真をご提供いただきました。
ありがとうございます!!!




ABロード格安モルジブツアー

モルジブ水中写真はこちら

トップページへ戻る


Copyright (C)2005 DIVING FAN (ダイビング・ファン) All Rights Reserved.
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO