ダイビングファン HOME

目指せ・上級ダイバー!

ビーチエントリーを極める!

何よりビーチダイビングは安く潜れるのです! 通常のボートダイビングは2ダイブで 13,000円前後。ビーチダイビングだと、タンク、ウエイトのレンタル代 、施設使用料等を含んでも6000円前後で潜れちゃいます。
それにビーチポイントは比較的楽に潜れるところが多く、自分たちで潜りたい時間にマイペースで 潜れます。

ビーチダイビングの心得

ビーチダイビングが嫌いなダーバーは多いようです。
確かにエントリーやエグジットで波に 巻かれて大変な思いをした、なんて声はよく聞きます。そこはやはり慣れる事。 大瀬崎のようなエントリーエグジットしやすいポイントで練習して、自身をつけていきましょう。

ビーチにエントリーする時はマスクを装着し、スノーケルもくわえます。波があればフィンを履いてバディと助け合いながら。

波が無ければ フィンは手にもって腰の深さぐらいのところまで入って、バディの肩をかりながらフィンを履くと 楽チンです。

波が本当に穏やかならば、顔を水につけて水中でフィンを見ながら装着すれば簡単です。 海の状況やエントリー場所の混み具合など ケースバイケースなので、廻りのお上手そうなダイバーがどうしているか、 観察して真似しちゃうのが一番です。

問題は波がある時。
足の立つところでも、転んで波に巻かれて仰向けになってしまえば、タンクの重みでなかなか 起き上がれず、事故につながることもあります。 多くの場合は陸でフィンを履き、蟹歩きのままエントリーします。

転んだときマスクが飛ばされる 可能性があるので、マスクを無くさないためにもスノーケルをくわえます。波がきたときは海側の脚 に体重をかけてふんばり、波が引くときに自分も一緒に進み、これを繰り返します。

太もも位の深さになったら、レギュレーターにかえて、引きにのっていっきに沖へ泳ぎだしましょう。 泳ぎ始めてもしばらくは波の影響があります。
陸に向かう波が来たときは無理にフィンキックをしないで 岩などにつかまってじっと耐え、沖に向かう波に合わせて一気にすすむ。これをくりかえします。

エグジットも同じです。波の影響をうけるポイントをいかに早く抜けきるかです。
まず手前で顔を出して波の状況を見ます。先にグループのリーダーかガイドがエグジットし 順番に一人ずつ。

先に上がった人は邪魔にならないところに移動して器材を外しフィンを脱ぎ、後から くる人をサポートしてあげましょう。
(力の無い女性ダイバーは、エントリーはまだしも、エグジット時の、浅くなってタンクの重みが かかってきたところあたりが一番つらいはず。さりげなくサポートしてあげると喜ばれますよ!)
万一転んでしまったら最後の手段、赤ちゃん歩きのはいはいでエグジットしましょう。
ちょっとかっこ悪いけど 、、、波に巻かれるよりはまし!

ボートダイビングを極める!

ボートダイビングの心得

初めてのボートダイビングは誰でもどきどきだったはず!
基本的なスキルやルールを予習して、スムーズにボートダイビングデビューしちゃいましょう。

もちろん、ボートダイビングの時間は厳守。
忘れ物が無いか、器材に不調は無いかは出航前に確認して。ボートが出てから 気づいて、予備の器材が無ければ、最悪そのダイビングはあきらめざるを得なくなります。

ボート上は多くのダイバーが乗り込みます。器材をセッティングしてしまったら、フィンなどの 軽器材はひとまとめにして場所をとらないようにしましょう。濡れて困るものは防水バックに いれて、ボートスタッフの指示に従った場所にまとめておきます。

船酔いしやすい人は、さりげなく揺れの少ない船の後部に陣取りましょう。


ボートダイビングのエントリー方法

エントリー方法はその船によってジャイアントストライドかバックロールか、事前にインストラクターが説明してくれるので、それに従いましょう。
問題は着水してから。
すみやかにアンカーロープまで移動するのは基本の基本。もたもたしていると、次の人がエントリーできません。アンカーロープにたどり着いたら、ゆっくりと耳抜きをしながら潜行しましょう。

慣れてくると、この時、ロープを持たずに潜行して流されてしまう、なんて失敗も。
水深によって流れは変わります。よく見極めて、確実にロープをつかんで潜行しましょう。

ボートダイビングのエグジット方法

ボートにあがるときも、フィンを脱いで器材をつけたままあがるのか、ウエイトや器材をボートスタッフに渡してからあがるのか、事前の説明がありますので、よく聞いて指示に従いましょう。
器材をスタッフに渡す場合は、必ずウエイトから渡しましょうね。

フィンを脱ぐときは、ラダーの一番下に両膝をつけて、立膝の状態で脱ぐと、身体が安定して脱ぎやすいです。

また、早くあがりたいのは分かるけれど、前の人がまだラダーにつかまっているのにその下で順番を待つのは危険です。いつ前の人が落ちてくるかも分かりません。必ずラダーの横で待ちましょう。

もちろん、エグジットはレディーファーストでね。周りを思いやれずに我先にエグジットしてしまっては、幻滅ですよ。

まれにクルーズなどでポイントまでに利用するゾディアックや、小さいボートの場合、ラダーが無い場合があります。
腕力の無い 女性ダイバーはエグジットの際、ええ〜んどうやってあがるの〜?なんていいながら、船の上の人に ずるずるとマグロのように引きずり上げられるという羽目になります。
これではいくら綺麗な 彼女でも幻滅。

対処方法は、器材をすべて船上のスタッフに渡してしまったら、(まずウエイトから。その次にBC)船のヘリに手をかけ、身体を縦にして フィンを一気に動かして、その勢いでえいやっと腕の力も足して身体を水面に持ち上げ、船べりに片足を かけてあがります。


<スキルアップの為のお勧め参考書>

トップページへ戻る


Copyright (C)2005 DIVING FAN (ダイビング・ファン) All Rights Reserved.

ダイビング情報

ダイバーになるには
Cカード講習記
脱・初心者ダイバー
器材を揃える
女性ダイバー
目指せ・上級ダイバー
格安ダイビングツアー
初心者の為の大瀬崎・攻略法
初心者の為のパラオ・攻略法
初めての海外ダイビング
ダイビング情報・石垣
ダイビング情報・沖縄
ダイビング情報・四国
ダイビング・コンピューター
海の本
ダイビングで死なない為にダイビング
ダイバー紹介(プロフィール)

ダイビング旅行記

コスメル
宮古島
阿嘉島

水中写真館

ダイビングの水中写真です。
大瀬崎
石垣島
パラオ
モルジブ
ニューカレドニア
ラパス
サムイ
シパダン

関連リンク
ダイビングリンク集
格安海外旅行保険
全国のリゾートバイト情報検索

お役立ちリンク

気象庁
国際気象開発
台風情報(tenki.jp)
波浪予想
海洋速報
高速道路情報
海外安全情報
ビジネスホテルが最大62%割引の宿泊予約サイト

バナー 10000028

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO