ダイビングファン HOME

管理人のどたばたCカード講習記

ダイビング講習記

私がCカードをとったのは1988年です。
当時はダイビングが一般の人に流行り始めた頃で、なんやおもしろそうやな〜という軽い気持ちから始まりました。しかし、一人では心細いので、ダンナ様を誘ったところ(当時はまだ新婚でした〜、あ、関係ないか)海水魚を飼育する趣味をもっていたこともあり、すぐに乗り気になりました。

さっそく、ダイビング雑誌の広告欄から安い講習を探しだし、あまり情報も得られないまま、サイパンの老舗のダイビングサービスの講習を予約しました。たしか、記憶では45,000円くらいだったと思います。
当時はEメールなど無いので、東京に事務所があったので、そこに電話で予約しました。
サイパンへの旅行も兼ねての講習でした。

日程は3日間。半日学科講習をして、ビデオを見て、たしか、4ダイブの海洋実習だったと思います。
第一日目から不安になりました。なんと、そのショップは体育会系ののりだったのです。お客様で無く、半分学生クラブの下級生に教えるような厳しさ!こわ〜い女性インストラクターに初日からいやみを言われる始末。
もちろんその頃は何もわからないし、ウブ(?)だから、何も言い返せません。

学科講習のときも、マニュアル本など無く、試験も答えが間違っていても答え合わせをして、説明してくださり、それでOKでした。

そして陸上での器材の説明を受け、いよいよ実習へ!
なんと、プール講習などせず、いきなり海です。それも、ダイバーなら誰でも知っている、サイパンの超有名スポット、グロットで!
グロットは陸上にできたタイドプールに入り(それでタイドプール講習ってか!?)そこから潜行して、外洋に抜ける三つの穴をとうり外洋を泳いで、また穴を潜ってタイドプールに帰ってくるというスタイルで、ダイバーに人気のスポットです。

おまけに、そのタイドプールのエントリー地点に行くまでは、103段の険しい階段を、20キロもある器材を背負って下りていかなければならないという、地獄のスポットなのです。

駐車場からエントリー地点であるタイドプールを見下ろし、インストラクターに説明を受けたときはまだ、ふんふんなるほど、、。なんて感じで、恐怖はあまり無かったのですが、、、。
いよいよ器材を背負って階段を下ります。今は手すりなどついていますが、当時は何もありませんでした。急な勾配で怖いし、足は器材の重みでがくがく。やっとの思いで下までたどり着きましたが、(もうこの時点で講習を受けようと思った事を後悔していました)エントリー地点に行くまでの岩場は足元が悪く、波も押し寄せ、ここでも一苦労。

そして、エントリーする岩場に立ったとき、私は大変なことに気づきました。岩場から、水面までは潮が引いていたので2メートル近くありました。ジャイアントストライドで立って飛び込むので、目線から海面までは私にとっては絶望的な高さに思えました。そう、なんと私は高所恐怖症だったのです〜

めちゃめちゃ足が震えて止まりません。インストラクターが「マスクを抑えて飛び込んでね」などと説明しながら先に飛び込みます。続いてダンナ様も難なく飛び込みました。そしてふたりで水面で私を待っています。でも、なかなか飛び込めない!ああ、もうダメ〜こんなとこから飛び込めない〜怖いよ〜
いやいや頑張れ、二人とも待ってる!でも怖いよ〜! そう、私は極度の怖がりでもあったのです!

なかなか飛び込まない私、にインストラクターーが急かします。だんな様も早くこいといってます。もう、死ぬ気で!!飛び込みました!
でも、最初はマニュアルどうりマスクとレギュレターを抑えていたのですが、岩場を蹴ったとたん、きゃ〜助けて〜!の万歳ポーズになってしまい、そのまま水面へ!
おかげでマスクもとれてしまい、レギュレターも外れて、海水を飲んでげほげほあっぷあっぷのパニック状態。そんな私にインストラクターは「だからちゃんと抑えてろって言っただろ!」と冷たく言い放ちます。(鬼や〜)

水深は5メートルほどだったと思います。やっと沈んで、(沈むのさえ一苦労で、インストラクターに引きずり込まれた)陸上で説明があったように、マスクに水が入ったときに水をだすマスククリアや、エアーが切れたときにバディから空気をもらうための、バディブリージングなどを実習するはずだったのですが、もう舞い上がっているため、一つとして満足に出来ませんでした。インストラクターも、困ったことと思います。ちなみにだんな様はきちんと教えられたとおり出来ていました。

あっという間に終わり、岩場にあがりましたが、気分が悪く、精神的にも悲惨な状態でした。
しかし、103段の階段は上がらなければなりません。やっとの思いで上がりきって器材を下ろしたとたん、私は気分が悪くなり、吐いてしまいました。
これにはさすがのインストラクターもびっくりして、「大丈夫?」などと少し優しい言葉をかけてくれました。
その後、最初からいきなり海の中では、みんなうまく出来なくて当然だから、、、などと慰めてくれましたが、、。

そのとき私は思っていました。もう止めよう、私には無理だ。

しかし、ホテルに帰って落ち着き、ここで止めても講習費用は帰ってこないし、せっかくの機会だし、私一人止めるのも、だんな様に悪いしと、思い直し、講習を続けることにしました。

そして残り3ダイブ、なんとかこなしましたが、やはり、103段の階段を上がりきるごとに吐いていました。
講習内容の習得も、半分ぐらいだったのではないでしょうか。それでも認定はされ、申請して講習は終わりです。こんなんで今後潜れるのかな〜と、不安でした。

それでも、最後にファンダイビングに参加し、初めて外洋に出て、ナポレオンや海がめなどを見て、感動しました。外洋のクリアな透明感のある水の色や光のシャワー、初めて水中で見るカラフルで元気そうな魚たち。苦しかったけど、続けてよかった!なんか、海の中ってすごいな!

それからすぐにだんなさまと二人で千葉や八丈島のダイビングサービスを自分たちで探してファンダイブしました。そのころは、怖いながらも本数を増やして、スキルアップするのに必死という感じで、まさにのめりこんだ時期でした。

そして、今ではダイブ本数も増え、それなりにスキルもアップし水中写真・ビデオなどを始め、相変わらずののめりこみようです。あのとき止めないでよかったと、つくづく思います。

ですから皆さん、講習を受ける前に、よ〜くそのショップを見極めてください。
プール講習はあるのか、海洋講習は何回か。講習生を量産させ、器材を売りつけるという雰囲気は無いか。インストラクターは優しく、サービス精神旺盛か。
ライセンスをとった知り合いに聞いたり、ショップを何回も訪れて、インストラクターに納得いくまで説明を受けたり、来ているお客さんに評判を聞くのもよいでしょう。
私のようにショップを選び間違えて、怖くなって途中でドロップアウトしないために!

トップページへ戻る



Copyright (C)2005 DIVING FAN (ダイビング・ファン) All Rights Reserved.

ダイビング情報

ダイバーになるには
Cカード講習記
脱・初心者ダイバー
器材を揃える
女性ダイバー
目指せ・上級ダイバー
格安ダイビングツアー
初心者の為の大瀬崎・攻略法
初心者の為のパラオ・攻略法
初めての海外ダイビング
ダイビング情報・石垣
ダイビング情報・沖縄
ダイビング情報・四国
ダイビング・コンピューター
海の本
ダイビングで死なない為にダイビング
ダイバー紹介(プロフィール)

ダイビング旅行記

コスメル
宮古島

水中写真館

ダイビングの水中写真です。
大瀬崎
石垣島
パラオ
モルジブ
ニューカレドニア
ラパス
サムイ
シパダン

関連リンク
ダイビングリンク集
格安海外旅行保険
全国のリゾートバイト情報検索

お役立ちリンク

気象庁
国際気象開発
台風情報(tenki.jp)
波浪予想
海洋速報
高速道路情報
海外安全情報
ビジネスホテルが最大62%割引の宿泊予約サイト

バナー 10000028

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO